一般的な電話代行の仕組みと、メリット・デメリット

一般的な電話代行の仕組みは、次の通りです。

shikumi_dk.gif

  • 今使っている電話番号を、電話代行会社に転送する。
  • 電話代行会社は、契約企業名を名乗って、電話に出る。
  • 電話代行会社は、電話をくださった方の名前と連絡先をヒアリングし、折り返しにする。
  • 電話代行会社は、電話があったことを契約企業に報告する。
  • 契約企業は、折り返し、電話をくださったお客様に電話をかける。

 

一般的な電話代行は、次のような特徴があります。
(他者様のサービス内容については、他社様のホームページ等でじっくりご確認ください)

  • 今まで使っていた電話番号をそのまま使える。
  • 低コストで利用できる。
  • 社員が電話に出る負担を減らすことができる。
  • 折り返しの電話をする時間は、自分の都合でコントロールできる。
  • 電話代行会社は、問い合わせに対して回答まではしない。
  • 電話をかける量についての負担は、これまでと変わらない。
  • 見込み客は連絡先を教えたがらないので、電話を切られてしまうことがある。
  • 電話代行会社は、電話1本1本を効率的に応対しないと業務が回らないため、“効率的に”対応された顧客は気分を害することがある。